ティーンから目指すドクタークラーク

Filed in ビジネス

ドクタークラークはお医者さんの秘書的な仕事をする業務です。
ドクターは、診察や手術など、ちゃんとした免許を持ったお医者さんでなければできない仕事だけでも手いっぱいで、それに付随する事務処理をしている時間をとるのが本当に難しいのが現状です。
ドクタークラークはその事務作業を補佐するのが主な役割です。
ティーンのうちにそんな職業があること知っていることすら珍しいことだと思いますが、キャリアとして継続すればするほどに自分の糧になりますし、出産や育児などで一時的に休みを取得したあとで復帰したり、勤務時間の短縮をしてもらった上で、またフルタイムで働くことができるなどは、やはりドクタークラークの専門性が社会的に評価されている証だと思います。
補佐するドクターのみならず、周りの人との人間関係も友好に保って、スムーズに事務処理が運ぶようにできるような、人付き合いのいい性格であると、さらにいいと思います。
医療事務 10代