ダイエットとは食事療法

Filed in 健康Tags: ,

ダイエットとは、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えた食事制限によって体重を減量することです。
摂取エネルギーとは、食事などで体内に吸収したエネルギーのことです。また、消費エネルギーとは、運動などによって消費されたり、生命を維持するのに必要な基礎代謝に関わるエネルギーのことです。
この摂取エネルギーと消費エネルギーの差が、体脂肪の増減と深く関係するため、この2つのエネルギーのバランスをうまくとることが、ダイエットをするうえで重要となります。
ここで注意しなければならないのは、「体重を落とす=ダイエットではない」ということです。単に減量しただけでは、正しいダイエットに成功したとはいえません。
筋肉や骨の量を減らさずに、余分な体脂肪を減らすことこそが、本当のダイエットなのです。そのためには、摂取エネルギーを減らす食事制限をするのではなく、低カロリーで栄養バランスのとれた食事を心がけることと、ウォーキングやエクササイズといった軽い運動を日常的に続けることが重要です。「とにかく見た目が痩せればいい」と、過激なダイエットをすることは危険です。
「ダイエットとは、体脂肪を正常な数値に戻すこと」ということを、忘れないようにしましょう。
置き楽美人は、【生酵素+食事制限なし】で楽々置き換えダイエット!!

食物繊維は腸内環境を整え、排便を促す

Filed in 健康Tags: , ,

便秘の多くの場合は、腸内細菌のバランスが崩れていると考えられます。
食物繊維は消化されずに腸内に届き、便量を増やしたり腸内細菌のエサとなったりする働きがあり、大腸内でビフィズス菌を増やしてくれるなどして腸内環境がよくなり、排便を促してくれます。
海藻類や果物に多い「水溶性食物繊維」は、腹持ちを良くし、食べ過ぎ防止にも役立ちます。炭水化物を摂った後の血糖値の急激な上昇を抑えます。
豆類や穀物に多い「不溶性食物繊維」は、水分を吸収して胃腸でふくらみ、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。
食物繊維は、海藻(ひじき、わかめ、寒天など)、切り干し大根、キノコ類、野菜類全般、果物、イモ類などに多く含まれています。パスタにキノコや野菜を多めに入れたり、味噌汁に複数の野菜を入れたり、パンと一緒にレンジ蒸しの野菜を添えたりと、調理の工夫をしてみましょう。
なお、加工された料理には食物繊維の多い食材は少ないので、素材を調理するタイミングを増やして腸内を健康に保ちたいものです。
フジッコ「善玉菌のチカラ」は【カスピ海ヨーグルト】の生きた乳酸菌で毎朝スッキリ♪