アンダーヘア処理 ハイジーナとは?

Filed in 美容Tags:

 

ブラジリアンワックスのブームから、アンダーヘアを処理する意識は出てきているものの、実はワールドスタンダードである「ハイジーナ(V・I・Oすべて毛無し)」への道はまだまだ険しい。

お手入れ派も何らかの形でヘアを残しています。

理由は大浴場文化ゆえの「温泉で恥ずかしい」という奥ゆかしさから。

日本の特徴は「美容面」からお手入れしているところにありますが、他国では「衛生面」が一番の理由。

ヘアにゴミや汚れが付かなくて清潔なんだとか。

処理は恥だが役に立つ!といったところですね。

【アンダーヘアに関する用語】

V=Vゾーン
ビキニラインと呼ばれる部位。
体を正面から見たときに毛が見える部分のこと。
下着や水着からはみ出さないように毛をカットしたり、抜いたり、サロンで脱毛をしたりするのがベーシック。

I=Iゾーン
陰部の両サイドの毛を指します。

O=Oゾーン
肛門周囲の毛を指します。

ハイジーナ
ハイジニーナとも言われ、英語の衛生(hygiene)からもじって呼ばれていますが、これはVIOゾーンすべての毛を脱毛してツルツル状態のこと。
実はこれがワールドスタンダートということを、日本人でも知らない人が多いのです。

ハイジーナはその語源通り、衛生面を重視したもの。

下着や水着から毛がはみ出す心配もなく、さらに衛生的であるハイジーナ。

私たちも脇の毛はお手入れしてツルツルにしておくのが普通ですから、日本でもアンダーヘアもツルツルが常識になる日が近い将来やってくるかもしれません。

どんなにきわどい水着を着ても、どんな姿勢になっても、ハミ毛の心配をしなくていいのって、ちょっと羨ましいですよね。

特に黒髪の日本人のアンダーヘアは、ハミ毛がとても目立ちやすい…。

そんな心配から開放される抑毛剤はいかがですか?