遠近法で視力回復

Filed in 健康Tags: , ,

視力回復に効果的といわれている方法のひとつに、「遠近法」と言う方法があります。
その名の通り、遠くと近くを交互に見ると言うやりかたです。
なぜこの遠近法が視力回復に効果的なのかといえば、

目にはカメラのピント合わせと同じ様な機能(遠近調節機能と言う)を持っています。
これが水晶体を支えている毛様体筋と言う筋肉なのですが、この部分の筋肉が凝ってしまう事で視力が悪くなってしまうと考えられています。
つまり、この筋肉をほぐすことによって視力が回復するであろうということです。
そのために、遠近法を取り入れるのが効果的なんです。
まずは人差し指を目の前に立てて、焦点をその人差し指に合わせます。
そのまま5秒間ずーっと見つめ、そのあとに遠くの何かに焦点を合わせて10秒間それをじっと見つめます。これを何回か繰り返すという方法です。
同じ遠近法でも他のやり方もあります。
例えば、目の前に立てた人差し指をゆっくり離したり、ゆっくり目に近づけたりするというやり方です。
両方とも、「ゆっくり」と言うのが大事です。
中川卓爾 首・肩痛