メタボリックシンドローム

Filed in 健康Tags:

タボリックシンドロームとは何か、というご説明の前に、まず、私た ち の身体についている「脂肪」には大まかに2種類あることをご存知でしょうか?

 身体の脂肪は、付く場所によって、大きく「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分かれています。

 「皮下脂肪」とは、皮膚の下についている脂肪で、表面からつまめるものです。
 一方、「内臓脂肪」は、腸の周りにつくもので、この脂肪が多いと、ウエスト周りの大きさに影響しやすいといわれています。

 見た目としては、おなかがぽっこり出た体型のひとが、内臓脂肪型肥満と考えられます。
 一方、腰まわりやお尻、太ももなどの下半身を中心に脂肪がたまるタイプの肥満は、皮下脂肪型肥満と考えられます。

 そして、この内臓脂肪こそが、メタボリックシンドローム(別名:内臓脂肪症候群)に、大きく関わってくるのです。

メタボリックシンドロームとは、別名「内臓脂肪症候群」といい、内臓 脂 肪が多いタイプ、つまり、おなかがぽっこり出たタイプの肥満の人が、「高血圧」「高血糖」「高脂血症」などの危険因子を併せ持っている「状態」のことで す。
 これらの危険因子を併せ持っていると、動脈硬化を飛躍的に進行させてしまいます。
 その結果、心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気になったり、その後遺症で不自由な生活を強いられる危険性が高くなってしまいます。
 
 生活習慣病の代表ともいえる高血圧や高脂血症、糖尿病などの発症、悪化には、腸のまわりについている脂肪、つまり「内臓脂肪」が強く影響しています。

 内臓脂肪の細胞からは、高血圧、糖尿病、動脈硬化のリスクを高める複 数 の物質が分泌されています。
 このため、内臓脂肪が多すぎることが問題になるのです。

看護師 転職サイト