健康

Posts filed under 健康

むくみはなぜ起きるのか?

Filed in 健康, 生活, 美容Tags: ,

よく女性誌でまるでリンパの滞りの代表みたいに取り上げられているむくみ
には2つに大別出来ます。

体のどこかに病気が隠れているむくみと健康に
問題のない人でも発生するむくみがあります。

どこにも問題のない体にみられるむくみは自然なことです。
Read the rest of this entry »

デトックス

Filed in 健康, 生活, 美容

ここ数年で市民権を得たデトックスとは身体の内側に
澱のように蓄積された様々な毒素を体外に排出させるという
分かりやすい健康法であくまで代替医療に区別されています。

取り除くという意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」
の短縮形であり、発音やカタカナ表記が異なるケースもあります。
Read the rest of this entry »

サプリメントを摂取する際に時間帯に決まりはあるのか?

Filed in 健康, 美容Tags: , ,

サプリメントは身体が必要としている栄養成分を確実に補給出来て、
日々利用することで健康効果を高めることができるものです。 サプリメン
トを飲んでいる人は多く、栄養補給や、美肌以外にも、血糖値の調整や、
ダイエットなど、色々な用途で利用が可能。

医師から処方された薬は1日のうちのいち飲むかが決まっていることが
多いですが、サプリメントはいつ飲めばいいかわからないものもあります。
Read the rest of this entry »

エクリン汗腺からの汗は匂わない・・・

Filed in 健康

人間の汗は皮膚にある汗腺というところから出てきます。

この汗腺には、エクリン汗腺、アポクリン汗腺というものがあります。

実は、そのエクリン汗腺からの汗はにおわないのです。

 

Read the rest of this entry »

東京の水道は世界でもトップレベルで美味しいって知ってた?

Filed in ニュース, 健康Tags:

家の洗濯機はもう10年以上前の三洋のドラム式洗濯機です。

なぜこれを選んだかというと、この洗濯機にはエアーウォッシュという機能が付いていて、オゾンで選択できるという機能が付いていたからです。 Read the rest of this entry »

白髪に効果的な対策とは?

Filed in 健康Tags:

最近白髪が突然増えてきた。。。

そういう人って多いと思います。

その原因はいろいろありますが、貧血気味の人は白髪が生えやすい傾向にあります。

なぜかというと鉄や銅などが不足して貧血気味になると、髪の毛にも栄養が行き渡らなくなり、白髪が増える可能性があるからです。

Read the rest of this entry »

エイジングケアの方法

Filed in 健康, 美容Tags: ,

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。よく、25歳がお肌の曲がり角といいますが、やはり何もしなくても大丈夫だった10代〜20代前半よりも、20代後半になるにつれ、きちんとケアしている人との違いがでてきます。お肌の曲がり角、エイジングサインは、アイラインを引かないと目力が昔に比べてなくなった、頬の毛穴が目立ってきた、口角が下がって不機嫌に見える、目元や口元が乾燥しやすい、太ったわけではないのに顎がたるんでいる、笑った後などにほうれい線が気になる。
このような症状に当てはまる人は、エイジングケアのサインかもしれません。エイジングケアのやり方としては、まずは、肌の老化を防ぐことが大切てす。そのためには、
■シャワーで顔を洗う
お風呂に入ったときに、シャワーを顔にかけて洗うと、たるみのもとになります。特に熱いお湯で洗うと乾燥の原因にもなります。ぬるめのお湯で、一度手にとってから優しく洗うようにしましょう。
■ポイントメイククレンジングを使わない
オイルクレンジングは、クレンジング力が強く、中には台所洗剤よりも強力なものも。
肌に必要な皮脂まで奪いとってしまい、乾燥からシワや大人ニキビなどの肌トラブル原因になります。
しっかりアイメイクをした時は、ポイントメイククレンジングを使って、お肌はミルククレンジングやクリームクレンジングで優しく落としましょう。
■クレンジング後コットンでゴシゴシ拭き取る
拭きとりタイプのクリームクレンジングを使った後、ティッシュやコットンでゴシゴシと拭きとると、摩擦が肌への負担になり、乾燥や肌トラブルの原因になります。
このため、柔らかいコットンをぬるま湯で濡らして、それで優しく拭きとります。素早く乳化させて、その後洗顔で落としてしまいましょう。
■油抜きダイエット
極端に油を抜くことで、油分不足でスキンケアを頑張っても常に乾燥している肌になってしまいます。また、魚やお肉を抜くことで、鉄分不足になり、血行不良で肌がくすんでしまったりも。
野菜よりも鉄分の吸収率の高いレバーやマグロを食べたり、オリーブオイルやアボカドなど良質な油を取り入れ、ツヤ肌を目指しましょう。
【エステサロン&コスメ】比較☆あなたの美容の悩みを解消します♪

ダイエットとは食事療法

Filed in 健康Tags: ,

ダイエットとは、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えた食事制限によって体重を減量することです。
摂取エネルギーとは、食事などで体内に吸収したエネルギーのことです。また、消費エネルギーとは、運動などによって消費されたり、生命を維持するのに必要な基礎代謝に関わるエネルギーのことです。
この摂取エネルギーと消費エネルギーの差が、体脂肪の増減と深く関係するため、この2つのエネルギーのバランスをうまくとることが、ダイエットをするうえで重要となります。
ここで注意しなければならないのは、「体重を落とす=ダイエットではない」ということです。単に減量しただけでは、正しいダイエットに成功したとはいえません。
筋肉や骨の量を減らさずに、余分な体脂肪を減らすことこそが、本当のダイエットなのです。そのためには、摂取エネルギーを減らす食事制限をするのではなく、低カロリーで栄養バランスのとれた食事を心がけることと、ウォーキングやエクササイズといった軽い運動を日常的に続けることが重要です。「とにかく見た目が痩せればいい」と、過激なダイエットをすることは危険です。
「ダイエットとは、体脂肪を正常な数値に戻すこと」ということを、忘れないようにしましょう。
置き楽美人は、【生酵素+食事制限なし】で楽々置き換えダイエット!!

食物繊維は腸内環境を整え、排便を促す

Filed in 健康Tags: , ,

便秘の多くの場合は、腸内細菌のバランスが崩れていると考えられます。
食物繊維は消化されずに腸内に届き、便量を増やしたり腸内細菌のエサとなったりする働きがあり、大腸内でビフィズス菌を増やしてくれるなどして腸内環境がよくなり、排便を促してくれます。
海藻類や果物に多い「水溶性食物繊維」は、腹持ちを良くし、食べ過ぎ防止にも役立ちます。炭水化物を摂った後の血糖値の急激な上昇を抑えます。
豆類や穀物に多い「不溶性食物繊維」は、水分を吸収して胃腸でふくらみ、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。
食物繊維は、海藻(ひじき、わかめ、寒天など)、切り干し大根、キノコ類、野菜類全般、果物、イモ類などに多く含まれています。パスタにキノコや野菜を多めに入れたり、味噌汁に複数の野菜を入れたり、パンと一緒にレンジ蒸しの野菜を添えたりと、調理の工夫をしてみましょう。
なお、加工された料理には食物繊維の多い食材は少ないので、素材を調理するタイミングを増やして腸内を健康に保ちたいものです。
フジッコ「善玉菌のチカラ」は【カスピ海ヨーグルト】の生きた乳酸菌で毎朝スッキリ♪

置き換えダイエットのリバウンド

Filed in 健康Tags: ,

置き換えダイエットにもリバウンドはあります。いくら健康的にダイエットしたとしても、やはり体に負担はかかっているので、リバウンドの可能性があるのです。
しかし確実にリバウンドするわけではありません。リバウンドを防ぐためのポイントを知っておけばリバウンドを防ぐことができます。
そのためには、まず、ダイエット後はいっきに元の食事に戻さないようにしましょう。ダイエットが終わったからといって、食事をすぐに元に戻してしまうことは、一番危険です。そうすると、確実にリバウンドしますので注意が必要です。
ダイエット後は、少しずつ食事を戻していくようにしましょう。始めの1週間は、お粥や雑炊など消化がよく低カロリーのものを食べるようにします。そして、2週間目あたりなってから、徐々に一般的な食事を少しずつ食べて戻していきましょう。
ポイントは1ヶ月くらい時間をかけて食事を戻すことです。そうすると、体が順応していくので、その結果として、リバウンドしにくくなります。
ダイエットと便秘解消で、+美容と健康の相乗効果♪