植え付け

Posts filed under 植え付け

ニンニクの植え付け方

Filed in 生活Tags: ,

ニンニクは、タマネギやラッキョウと同じユリ科の植物。秋に植えつけてしまえば、特に手入れも必要なく、プランターでも簡単に育てることができます。
ニンニクの栽培スケジュールとしては、植え付けは9月~10月ですが、青森などの寒い地方では早めに植えつけた方がよく、関東以西では、遅めに植えつけても大丈夫です。
植え付けにあたって準備するものは、まず種用のニンニクを用意します。生産農家などでは、その年に収穫したニンニクの中からよいものを選抜して、次の年の種ニンニクとして使用しているそうです。
種ニンニクは通販などで手に入れることが可能です。スーパ—などで売られている食用のニンニクとの違いは発芽抑制をしていないことです。
ほとんど の食用のニンニクは、長期間流通させることができるよう冷蔵庫に入れたり、その後乾燥させたりすることで、発芽を抑制しています。ニンニクは冷蔵庫に入れてしまうと芽が出なくなってしまう性質があるので、種用のニンニクを手に入れた後、くれぐれも、冷蔵庫では保管しないように気をつけてください。
植え付けにあたっての準備は、「とにかくよい土をつくること」これだけです。これはどんな野菜でも共通ですが、あれだけ栄養たっぷりの野菜を半年以上かけて育てるのですから、やはり土は重要なポイントとなります。
畑で育てる場合は、完熟たい肥をたっぷりとすき込み、土がふかふかになるまで、スコップや鍬でしっかりと混ぜてください。
プランターで培養土を使う場合は、完熟たい肥を20~30%ほど追加して混ぜ、ボカシ肥を(70cm程度のプランターならひとつかみ程度)入れて、よく混ぜておきます。
種ニンニクは、房をほぐしてひとつひとつの燐片に分け、芽を上にして7~8cmの間隔で、5cm程度の深さに植えつけていきます。
玉が大きくなるのは春以降なので、その頃に追肥をすることと、その後に花を咲かせないようニンニクの芽をかき取ることくらいが、収穫までの主な作業です。
やずや雪待にんにく卵黄は【元気の源】青森県産の原料に徹底こだわり!!!