育毛剤

Posts filed under 育毛剤

育毛剤の副作用について

Filed in 美容Tags: ,

医薬品の育毛剤には副作用の可能性があります。特に、ミノキシジルに含まれるプロピレングリコールという溶剤がアレルギー反応の引き金となっています。
最も起こりやすい副作用は頭皮のかゆみです。その他にも、低血圧、頭痛やめまい、胸痛、急速な体重増加、不整脈、動悸、性欲減退といった副作用がこれまで確認されています。もし副作用が確認されるようであれば、即座に服用を中止する必要があります。
フィナステリド(プロペシア)の場合は、ミノキシジルのような強い副作用はなく、あっても軽微です。重篤な副作用の報告事例はなく、国内の臨床試験では、「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」とされています。
国内の育毛剤も、全て安全であるとは言えません。メーカーによっては考えられる副作用の記載をしていなかったり、副作用が出かねない分量の使用を、警告なしに促していたりする場合があります。結局は自己責任になりますので、購入の際には十分な確認と注意が必要です。
ルミガンは【まつげ育毛】の定番医薬品です。約8割が効果を実感♪

薄毛・育毛を相談する病院と皮膚科はどっちがいいの?

Filed in 美容Tags:

薄毛や育毛で悩んでいる方は一体どこの病院にいってどの科で相談すれば良いのかわからないといった方も多いのではないでしょうか。

ご存知だと思いますが頭皮も皮膚の一部になるので、皮膚科でも薄毛の悩みについては相談することが可能です。もし薄毛・育毛で悩んでいるならひとりで悩まずに早めに相談して治療を開始することをオススメします。
Read the rest of this entry »

女性の薄毛対策

Filed in 健康Tags: , , , , , , , , , , , , ,

女性がコンプレックスを抱きやすいポイントに「頭皮・頭髪」の問題ということをあげることができます。この女性の薄毛ということに関していろんな女性の薄毛対策があるようですから、代表的な女性の薄毛対策をお知らせしておこうと思います。 Read the rest of this entry »

日常のヘアケアって重要ですよね!

Filed in 美容Tags: , , ,

もともと悩みの多い女性…。 その悩みは、年代と共に色々と変化しているようです。

単純には測れないものが多いようですが、個人差無く、年代による悩みはある程度分類されているそうです。

30代を過ぎてから…40代50代と、老化の一途を辿ります。 当然10代20代のころに比べると、肌のツヤや体型、髪質なども大きく変化して、一気に「老けた感」と言うものが漂ってきます。

特に外見上のよく見える部分…顔や髪の毛、全体のスタイルは、特に注意が行くようで、この部分に集中的に色々な施しを行うことが、若く見える秘訣らしいのです。

Read the rest of this entry »

ケアも大変

Filed in 美容Tags:

美容院の先生から聞いた話だけど、美容院の先生は言うまでもなく人の髪を触るのが仕事だから、毎日毎日髪を見てる分けだけど、昔の人に比べたら今の人の方がとても髪が傷んでいると言ってたね。傷んでいる理由としては、いろんな様々な理由が考えられるらしく、例えば昔の人は、自宅にお風呂がない人も多く、まして自宅の洗面所に髪を洗えるような設備もなく、だから毎日髪を洗っている人はまずいなかったと思うけど、それに比べると今の人は、毎日どころか一日に朝晩2回も髪を洗う人が珍しくないこと。確かに、真夏なんかだと頭のてっぺんというか頭皮から汗が吹き出てくるのがわかるから洗わないわけにはいかないようなこともあるけどね。洗うのはいいとしても、すすぎをきちんとしないと髪が傷むということを忘れてはいけないとのこと。それから、昔は、シャンプーにしてもリンスにしても種類が少なく、選べるほどのことはなかったけど、今はシャンプーにしてもリンスにしてもものすごい数があり、その中から自分に合ったものを選べるのはとてもいいことではあるけれど、逆に自分の髪質のタイプを知らなかったり間違えて思い込んだりすると、髪質に合わないものを使うことになるるからそれも髪が傷む大きな理由らしいね。花蘭咲

ホルモンからも

Filed in 美容Tags:

更年期になるといろんなところに機能障害とか変化が起こるというけれど、髪もそうみたいで、とにかくある日を境にして突然髪が痒くなってびっくり。いろんなシャンプーやリンスを使ったけど、一向に治る傾向はなく、ひどくなる一方で、どうしたらいいのか判らなくなっていたら、会社の同僚が更年期じゃないのと言われ、まさか更年期で髪が痒くなるなんて思ってもみなかったからびっくり。でも、他の人にも相談したら更年期には、いろんなことが起こるからそうかもしれないと。で、いろいろ調べたらやはり更年期がきっかけで髪が痒くなったりふけが増えるということもあるらしいね。でも髪が痒くなるのは、まだましの方らしく、中には髪の枝毛が増えたり薄毛になったりする人もいるというからびっくり。更年期は、身体の中のホルモンのバランスが崩れて起ると言われているけど、確かにバランスが崩れたらいろんな症状が出てもおかしくないよね。でも、薄毛とかになったらほんと困るを通り越して普通の生活にも支障をきたすから、何とか髪のケアをしようと思うけど、やみくもにケアをすると余計に頭皮や髪を傷めることにもなりかねないから、まず自分の髪の状態を知ることが大事みたい。花蘭咲

女性が増えた

Filed in 美容Tags:

昔から神経質な人は、髪が薄いとか頭がハゲになると言われていたように気持ちと髪の問題って密接な繋がりがあるみたいだね。最近ではあまり聞かなくなったけど、10円ハゲとか円形脱毛症という言葉が言われた時代もあったものね。昔は、髪の悩みや問題というと男性のものと言われていたくらい圧倒的に髪の悩みを抱えるのは男性に多く、その証拠に今でもドラッグストアへ行くと、男性の髪のケア用品ってものすごい品数だよね。一般的に美容用品というと、男性に比べると女性のケア用品が圧倒的に多いのに、髪のケアに関しては、男性の方が女性より多いから驚くもの。それだけ髪の悩みや問題を抱える男性が多かったということだよね。でもたまに女性でも髪の悩みを抱える人がいたらしく、でも女性用の髪のケア用品がないから仕方なく男性用を使っていたらしいけど、結果髪のトラブルや頭皮を傷めた人もいたらしいけど、理由は、男性用の髪のケア用品には、女性が使うことを禁止している成分が入っていることがあるからとのことだから、いかに安易に使うのが怖いか判るよね。そんな時代が長く続いたらしいけど、女性で髪の悩みや問題を抱える人がだんだん増えてきたことで女性専用の髪のケア用品が作られるようになったとのこと。ミュゼ

ふさふさがいいよ

Filed in 美容Tags:

親から子へ遺伝するものっていろいろとあるらしいけど、昔は髪の毛や髪、毛も遺伝が強いと言われていたらしいけど、最近ではあまり遺伝しなくなったというよりも遺伝よりも強いものが出てきたらしいね。それが何かと思うとストレスで、最近はストレス社会、ストレス時代とも言われていて、そのストレスが人間のいろんなところに影響や支障をきたしているけれど、髪にもすごい影響を与えているらしいね。ストレスってほんとに怖いもので、ストレスからうつ病になる人もいるらしいから気をつけないといけないよね。昔から、髪の問題、悩みというと男性が圧倒的に多く、それだけ男性が社会でいろんなストレスを抱えて生きてきたということかもしれないね。ドラッグストアへ行くと髪のケアの商品や製品が驚くほどたくさんあって、その数の多さに驚くけど、それだけ男の人が昔から髪の悩みや問題を抱えてきたということだよね。男は、女ほど口に出して何でも言わないから、一見悩んでいるような気がしないというか悩みの深さが判らないけど、ドラッグストアにあれだけの髪のケア用品がずらりと悩んでいるってことは、人知れず悩んでいる人がいかに多いかってことだよね。髪は、女の命だけじゃなかったんだね。薬用プランテル

髪の量が気になる

Filed in 美容Tags:

美容院の先生と話をしていたら、この長引く不景気でお客さんそのものは減ってはいないけど、訪れる回数か減ったとのこと。確かに、美容院代ってバカにならないものね。でも、美容院にくる回数が減ったのは、若い人に圧倒的に多く、お年よりは、そんなに減ってはいないということで、お年寄りって身だしなみがきちんとしているんだと思ったらそうではなくて、年を取ると髪の量が減るから、当然ボリュームがなくなり、髪がぺちゃんこになって、それをとても気にする人が多いらしいね。髪がぺちゃんこになることで、髪型はもちろん、顔がとても老けて見られるようになり、それをとても気にするお年寄りが多いらしいね。でも、そういうのはなかなか自宅で自分でどうにかするのは難しいから、美容院へ来るとのこと。確かに、若い頃は髪がふさふさしていて髪の量も多いから、髪がぺちゃんこになるというのがなかなか思いつかないけど、たまにお年寄りの髪を見るとほんとにぺちゃんこになってる人は多く、確かに、どんなにおしゃれで綺麗にお化粧をしていても、髪がぺちゃんこだと見栄えが良くないかもしれないね。リリィジュ

ストレスと薄毛

Filed in 美容Tags:

ストレスと薄毛には密接な関係があります。
交感神経と副交感神経という言葉聞いたことがあると思いますが、
緊張すると交感神経が働き、心臓をドキドキさせ、血管を収縮させ臨戦態勢に体の状態を作ります。
Read the rest of this entry »