車査定、上手な運転

Posts filed under 車査定、上手な運転

上手な運転

Filed in ビジネスTags:

「エコドライブ」の項でも触れましたが、坂道を下るときはエンジンブレーキを使用します。

燃費の改善にも役立ちますが、長い下り坂でブレーキを踏み続けているとブレーキディスクとブレーキパッドの接触時間が長くなり、温度が上がって摩擦係数が低下しブレーキが効かなくなる現象(フェード現象)が発生します。

長い下り坂ではエンジンブレーキとフットブレーキで速度の調整を行います。

先頭の車の速度が遅いため、長い隊列になっていることがあります。

もし自分がその先頭になっていたら、Pの標識があればそこに止まり、なければ左側に止まれるスペースをみつけて後続車を先行かせて渋滞を解消しましょう。力のない車で坂道を登るときは登板車線を走行し、後続車を先に行かせてマイペース運転できる余裕を持ちます。

カーブの多い道路または急なカーブでは、カーブに進入する前に減速します。

カーブに入った後に減速すると、路面の状態によってはスリップ事故を起こすことにもなりかねません。

カーブの多い道路は運転していても疲れますが、車の直前を見つめるのではなく目線を遠くにすると疲労も軽減されます。

一般的なマナーとして、せまい山道でのすれ違いは山側の車が停止して、谷側の車を優先させます。

せまい坂道でのすれ違いは通常は上る車が優先で、下り側が停止して道を譲ります。

この場合、下る側が谷側のときは上る側が山寄りにできるだけ避けて、下りを優先させます。

車の転落などないように安全を第一に心掛けましょう。

車買取業者|街道沿いで探すよりもっと早くて高値で売却する方法